メープルホームのパッシブZEH

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー・2019

ハウスオブザイヤーいんエナジー
House of the Year 特別優秀賞受賞
House of the Year 特別優秀賞受賞

この度、メープルホームのZEH仕様「Maple Style Zero」が、
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」特別優秀賞を受賞しました。

小さなエネルギーで暮らすこと

冬も夏も快適で心地よい住まい

そして、健康で安心して暮らせる住まいを目指した取り組みが、高く評価されました。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは、一般財団法人日本地域開発センターが主催する、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰することで、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指している制度です。

評価の視点

次の3つの視点から、審査委員会で審議を行い、トータルで「省エネルギーな優れた住宅」を選定し表彰する。

1. 外皮・設備の省エネルギー性能値  / 2. 様な省エネルギー手法の導入 / 3. 省エネルギー住宅の普及への取り組み

メープルホームはこれからも、
省エネルギーで快適な心地よい住まいを
ご提案して参ります。

メープルホーム

メープルホームは経済産業省が定めるZEHビルダーに登録しています

メープルホームZEH

ご存知ですか?今、国の政策でZEHが進められていることを。

住宅の「エネルギー基本計画」において「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる仕宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。ZEHとは、 Net Zero Energy House(ネット・ ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げる事、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調給濡・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅の事です。

メープルホームでは、これに基づき2020年までに自社の物件でZEHの占める割合を50%以上にする事を目標とし、ZEHの普及促進に努めて参ります。

メープルホームが目指すZEH

当社では、風・太陽の光などを設計に取り入れたパッシブデザインに高い断熱性能・ 気密性能を持つ『パッシブZEH』をご提案しています。

小さなエネルギーで暮らす住まいを目指します。

金沢のZEH

ZEH普及目標と達成率

年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度令和2年度
目標10%20%30%40%50%
達成率100%100%100%68%

メープルホームでは、 平成28年度、 平成29年度、 平成30年度と自社普及目標を上回る100%を達成致しました。

2019年度の普及の実績は68%となりました。これからもお客様の豊かな苔らしの実現と地球環境を考えた家づくりを進めて参ります。