メープルホームは、自然の力を最大限生かした
「SW(スーパーウォール工法)」を採用しています

スーパーウォール工法

設備に頼らない、お日様や風の力を効率的に”受けとる”

金沢の自由設計住宅の通風設計

夏、建物にしっかり風を通す

自然風利用

金沢の自由設計住宅の日射遮蔽設計

夏、建物に入ってくる日射熱を少なくする

日射遮蔽

金沢の自由設計住宅の昼光利用設計

1年を通じて、自然光をうまく採り入れる

昼光利用

自然風利用

石川の自然の風を生かし、その地形を生かした涼風生活を実現するために

その土地の気候・風を知る

メープルホームは石川の地に根差した工務店として、石川の地形や気候についてしっかりと調査を行っています。家を建築する地域について、どの季節にどの方角から風が吹くのか、風配図(ふうはいず)を利用しながら家の中に風を通すための工夫を設計に取り入れています。

金沢の風配図
石川県

全方位通風

金沢の自由設計住宅の通風シミュレーション

風配図の利用からリビングなど全方位通風を設計に取り入れています。

立体的に風を通す

金沢の自由設計住宅

高低の温度差で風が動く原理を利用し、窓の配置を工夫しています。

風をとらえる

金沢の自由設計住宅の窓

窓や袖壁で風をキャッチ。カタチや配置の工夫で風を効率良く室内に取り入れます。

金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ
金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ

メープルホームが採用しているSW(スーパーウォール)工法では、高断熱・高気密で家全体を覆い、さらに24時間換気で室内の空気をコントロールしているので、真夏や真冬は窓を閉め切ることで快適に生活して頂くことができます。
それでも、やはり気候の良い春秋や夏の早朝など、自然の風を感じたくなることがありますよね。
メープルホームでは、断熱性能や室内温度を数値的に的確に設計しながら、心で感じる「快適さ」も大切に考えています。

昼光利用

照明エネルギーを削減して環境にも家計にも優しく

自然の光とともに暮らす

太陽の光は、昼には強く明るく、夕暮れ時は明るさが少し落ち着きながら赤みが強い色合いに変化していきます。この光の強さ・明るさ・タイミングは人の体にとても適していて、さらに空からタダで降ってくるエネルギーです。メープルホームではこの恩恵をのがすことなく、最大限生かせるように設計を工夫しています。

半透明の仕切り

金沢の自由設計の家

屋外に直接接しない場所には、隣の明るい部屋から明かりを得られるように工夫します。

吹き抜けと白い壁

金沢の自由設計の家

白い壁は光を反射し、二階の窓から入る明るい光を柔和させながら階下へ届けます。

南面の窓を大きく

金沢の自由設計の家

日光が入りやすい南面には大きな窓を配置してたっぷりの光を取り入れます。

金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ
金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ

窓から入った光を家の中全体に広げられるのは、家全体が高気密・高断熱ですっぽりと囲まれているから!各部屋ごとに閉め切って冷暖房をする住宅では、風も光も家全体に巡らせることはできません。
パッシブ設計は、1階から2階、玄関からリビングまでが一つの大きな空間だからこそ実現できる手法なのです。

日射遮蔽

夏に家の中に入ってくる熱の75%は「窓」から!

余分な「熱」は入れない

金沢の日射は強いほうではありませんが、それでも真夏に窓から入る熱エネルギーは冷房代を上げてしまいます。メープルホームでは、窓廻りや外壁・屋根などを工夫して、建物全体に入ってくる熱を防ぐ工夫をご提案しています。

基本の庇

金沢の自由設計の家の庇

実用性もデザイン性も損なわないスタイリッシュな庇を使用しています。

外付けシェード

金沢の自由設計の家のサンシェード

簡単に付け外しができるシェードは、季節や天候に合わせて調節ができます。

遮熱性の高い屋根

金沢の自由設計の家の屋根

遮熱機能を持つ材料を屋根材の仕上げに使うことで、建物が熱くなるのを防ぎます。

金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ
金沢の自由設計住宅工務店のスタッフ

夏に涼しくなる工夫は家そのものだけではありません。メープルホームでは、ガーデニングや植樹、家庭菜園などを楽しむ生活をご提案しています。家の周りに緑を配置し、暑さを軽減するようにしています。家族でガーデニングや畑を楽しみ、暮らしにエコの気持ちを育みます。
お子様も一緒にミニトマトを育てたり、水まきをすることで気化熱を利用して涼気を得ることができます。

金沢の自由設計の庭

お客様の声とメープルホームの家づくり

Slider