メープルホームは、夏涼しくて冬温かい
「SW(スーパーウォール工法)」を採用しています

スーパーウォール工法

断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間

部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、スーパーウォールの家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間が生み出します。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現できる理由は、高い気密・断熱性にあるのです。

金沢の高断熱住宅の仕組み

気密・断熱性能を高めることで、温度差の少ない室内環境に

冬のリビング、エアコンで暖かい室内も、「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

表面温度差

金沢の従来の家の室内温度
金沢の従来の家の室内温度
金沢の高断熱住宅の室内温度

上下温度差

金沢の従来の家の室内温度
金沢の従来の家の室内温度
金沢の高断熱住宅の室内温度

部屋間温度差

金沢の従来の家の室内温度
金沢の従来の家の室内温度
金沢の高断熱住宅の室内温度

ZEH基準より、さらに上となる「HEAT20 G2グレード」を推奨

省エネやZEHはもとより、HEAT20「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」による、省エネと室内温熱環境の質の視点から目指すグレード値も提案されています。

※ UA値・Q値は、 建物の断熱性能を表す指標値です。
※ どちらも値が小さい方が断熱性能が良い家となります。
※ UA値・Q値は、省エネ地域区分6地域の場合です。
「HEAT20外皮性能グレードと住宅シナリオ」2015年12月改訂版より

金沢の高断熱住宅の断熱数値
金沢の高断熱住宅の断熱数値
「HEAT20 外皮性能グレードと住宅シナリオ」(2015年12月改訂版)より ( )内は住宅熱損失係数Q値 [ W/(m2・K) ]に置き換えた場合の想定値
※HEAT20では、Q値の基準は設定されていませんが、スーパーウォールでは熱損失量の評価が行いやすいQ値も目標設定しています。

データで見る、スーパーウォールの家のすぐれた温熱環境

就寝前に暖房を止めても翌朝15℃という暖かさ

地域によって違いはありますが、冬場になると夜中の冷え込みが厳しく、就寝前に20℃程度あったリビングの室温が翌朝には10℃を下回るということがあります。スーパーウォールの家は、断熱性が高いため、たとえ就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくく、翌朝も15℃程度という暖かさをキープ。朝の身支度の際、着替えで寒い思いをすることもなく、快適に過ごすことができます。

金沢の高断熱住宅の断熱数値

●AE-Sim/Heat により算出 ●自立循環型住宅ガイドライン一般地モデルプラン(2階建て/延べ床面積:120.07m2、開口率:26.8%)、LDで試算 ●家族構成:4人家族 ●暖冷房機器:エアコン(6~8畳用)●暖房:20℃、冷房:27℃・60% ●気象条件:拡張アメダス気象データ2000年版の東京を使用 ●住宅断熱仕様:(一般住宅)昭和55年省エネルギー基準Ⅳ地域適合レベル、(SW工法住宅)天井・外壁:SWT100、床:XPS100mm、開口部:サーモスXPG、玄関:K1.5仕様、換気:エコエア90

掲載データはシミュレーションにより算出した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

「暖かい家」にご満足いただいているお客様の声

こんなに暖かいとは思っていませんでした!(金沢市 O様)

「性能にこだわって家づくりを考えていたのですが、実際にこんなに暖かいとは思っていませんでした。子供がおばあちゃんの家に遊びに行くと 『 おばあちゃんの家は寒い 』 と言い廊下をつま先で歩く姿が可笑しかったです。」

金沢で高断熱住宅を建てたお客様
Voice
1

メープルホームの家を建てたお客様の声

お客様の声とメープルホームの家づくり

Slider